入れ歯作成・1日の流れ

入れ歯治療の流れ図|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

ご来院 9:00

治療の流れ|入れ歯専門の東京入れ歯研究所

一日で入れ歯を完成させるため、当日は朝9:00にご来院いただきます。電車でお越しいただく方は、駅からの道順がわかりにくいので、遠慮なさらずにお電話してください。

入れ歯治療の流れ|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

印象・模型作り 9:30~10:00

印象・模型作りとは
印象とは・・・患者様の口の中を型取りしたものです。
模型とは・・・型取りした印象に石膏を流したものです。患者様のお口の中を型取りし、模型を作成していきます。

入れ歯の型取り|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

患者さんの口の中の型を取ります。お口の周りの筋肉をマッサージするようにして、患者さんのお口の中を正確に型どりをしていきます。

入れ歯の模型作り|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

印象をもとに、模型を作ります。顎の骨と頬の境目がきれいに再現された模型が完成しました。完成した模型をもとに歯科医師と技工士で入れ歯の完成を話し合い、患者さんに最適の入れ歯を作成します。

ロウ堤の作成 10:00~10:30

ロウ堤とは
患者さんの咬み合わせ位置を採得する、患者さん専用の装置です。入れ歯のもとになるものなので、とても重要です。技工士が患者さんのお口の中をイメージしながら、患者さんに合ったものを作成します。ロウ堤の作成は技工士の作業となりますので、患者さんにはお待ちしていただく時間が1時間程なので、診療室でお待ちいただくこともできます。お近くのコーヒーショップに行かれる方も多いです。

ロウ堤|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

ロウ堤の作成を行います。技工士がろう提を作成しているところです。ベースになる部分にろうを貼り付けています。

入れ歯が唇に触れる側の厚さを調整|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

唇に触れる側の厚さを調整中。顎の骨と頬の境目がきれいに再現された模型が完成しました。完成した模型をもとに歯科医師と技工士で入れ歯の完成を話し合い、患者さんに最適の入れ歯を作成します。

ロウ堤作成は“咬める入れ歯”を作るための最も重要な工程です。完成した際に、咬める入れ歯を作成するために、入れ歯作成手順の中でも、最も力を入れています。

ロウ堤による咬み合わせ確認・人工歯選び 10:30~11:00

ロウ堤による咬み合わせ確認。まず、ろう堤をお口の中に入れた際、患者さんのお口の中に納まるのかを確認します。大丈夫なら、ろう堤を使い、咬み合わせの位置を採得していきます。ろうの部分を柔らかくして患者さんに咬んでいただき、患者さんに最適の咬み合わせの位置と高さを採得します。次に唇の張り出し具合やほうれい線の深さを確認します。必要に応じて唇側のろうの厚さを調整します

ロウ堤のかみ合わせ確認|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

ロウ堤による噛み合わせ確認を行います。ろう堤を患者さんのお口に装着し、唇との調和などを見ながら咬み合わせの調整をしっかりと行います。

人工歯選び
20種類の中から患者様にぴったりの人工歯をお選びします。

入れ歯の前歯の人工歯選び|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

前歯の人口歯をお選びいただきます。患者さんにあった人工歯をじっくりと、前歯の形を20種類の中からお選びいただけます。

患者さんには人工歯選びをして頂く際に、下記の点を踏まえ、ご自身に合った人工歯をお決め頂いております。 患者さんに合った人工歯のご提案も行わせて頂いております。
大きさ
患者さんのお顔を参考に適切な大きさを選択します。

丸顔の方には丸めの歯を、がっしりした方には四角目の歯を選択します。

自然な色、白目の色など患者様のご希望を伺います。

ロウ堤の段階で口の中に入れ唇との調節を行い、高さの決定をします。通常の歯医者はロウ堤での噛み合わせ確認は行いません。一日お一人様に限定している東京入れ歯研究所ならではのこだわりです。また、東京入れ歯研究所では20種類の人口歯からお選びいただけます。

ロウ義歯を使用した咬み合わせ確認 13:00~14:00

ロウ義歯を使用した咬み合わせ確認。ロウ義歯を患者さんのお口の中に入れていただきます。前歯の見た目がイメージ通りかをまず、確認していただきます。患者さんのイメージ合うまで歯の並び方の調整を行います。また、上のろう義歯が落ちてこないか、下のろう義歯が浮き上がらないかを確認します。

入れ歯のロウ義歯を実際に入れて確認|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

ロウ義歯を実際に入れて頂いているところ。歯科医と技工士、患者さんで見た目、咬み合わせを入念に確認します。

ロウ義歯での確認で大切なこと。
見た目は患者さんのイメージ通りか
上のろう義歯は落ちてこないか
下のろう義歯が浮き上がらないか
上下の咬み合わせの位置はただしいか

東京入れ歯研究所では1日お一人様の治療に専念しております。1日1人の治療なので、ロウ義歯の確認を丁寧に行うことができます。決して、流れ作業にしません。

ロウ義歯を本義歯に置き換え 14:00~16:00

ろう義歯とは。ロウ義歯のロウの部分をレジンという素材に置き換えていきます。技工士が慎重に作業を行い、ロウ義歯の形を変えないように置き換えの作業を行います。

お待ち頂いている間、患者様にはご自由に外出して頂いております。市ヶ谷周辺には様々な施設もございますので、作成完了までの時間にショッピング等お楽しみください。お近くのコーヒーショップや靖国神社に行かれる方が多いです。地図をご用意しておりますので、お尋ねください。

入れ歯のロウ義歯の最終調整|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

ロウ義歯最終調整。患者様に確認して頂いたロウ義歯を最終的に調整した状態です。

レジンに置き換えたものを取り出す|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

レジンに置き換えたものを取り出しているところ。レジンに置き換えたものと模型を慎重に取り外しています。

東京入れ歯研究所では1日お一人様の治療に専念しております。1日1人の治療なので、ロウ義歯の確認を丁寧に行うことができます。決して、流れ作業にしません。

本義歯を使用した噛み合わせ確認 16:00~17:00

本義歯を使用した噛み合わせ確認。完成した入れ歯を入れていただき、お口の中での納まり具合を確認します。浮き上がりがある場合は調整します。大丈夫なら、咬み合わせの確認をします。強く、当たっている部分の咬み合わせの調整をします。

完成した入れ歯|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

完成した入れ歯。患者さんのイメージ通りのお口もとを再現できるよう、はじめの段階で細かくご要望をお聞きいたします。

最終確認!咬み合わせで大切なこと
入れ歯の内側に痛みはでないか
入れ歯の周囲は長くないか
咬み合わせは適切か

研磨、完成17:30~

研磨
技工士が入れ歯をきれいに磨きあげます。入れ歯の取扱いについても説明させて頂きます。

本義歯の研磨|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

本義歯の研磨を行います。技工士が入れ歯を丁寧に磨き上げます。

入れ歯完成|東京入れ歯研究所の入れ歯治療

完成です。完成した入れ歯を入れて、お帰り頂きます。この患者様は以前の歯並びに近づけることを希望されていました。ご希望を詳細にお聞きし、自然な入れ歯を作成しました。患者様にもご満足頂き、お帰り頂くことができました。

特にご希望がない場合は、左写真のように、左右対称の入れ歯を作成いたします。人工的すぎず、自然に美しい歯並びを実現します。

Copyright© 2015 メグミデンタルクリニック All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com